[竹久夢二 Story & Goods]
 
竹久夢二「セノオ楽譜」表紙画大全集[大型本]
「セノオ楽譜」表紙画は、ロマンチシズムに溢れる夢二の斬新で大いなる創造性が好評を博し、夢二の名声をたかめました。夢二といえば「大正浪漫」が代名詞のようでもあるけど、大正という時代と夢二の世界をさらに知ることができますので、どうぞ手に取ってお楽しみください。
●セノオ楽譜とは・・・
 セノオ楽譜とは、西洋音楽の普及に努めた、妹尾幸陽が明治43年より発行を始めた楽譜集でその数は1000曲以上にも及んでいます。
 その内で、夢二は大正5年より昭和2年までの12年間に、280曲以上もの表紙絵を手がけました。題名のレタリングを含め、グラフィックデザイナーとしての才能が最も発揮された作品群となっています。
 また、夢二自身の作詩によるものが24曲含まれており、中でも有名なのが大正7年に発表された「宵待草」です。
蘭 灯 大正6年
発売日 2009年8月
監修 竹久みなみ
編集 大平直輝
定価 8,925円(税・送料込み)
出版社 国書刊行会
全347頁+作品一覧表10頁
厚さ3.3cm 豪華大型本
数量 :



蘭 灯 大正6年 椿 姫 大正6年 汝が青き 眼を開け 大正6年
ロマンス 大正6年 月 光 大正6年 待宵草(宵待草) 大正7年
小夜砧 大正8年 アベ・マリア 大正9年 松 原 大正13年
竹久夢二ページへ

dummy dummy dummy