[籔内佐斗司ブロンズセレクト]
 
 
伝統工芸品、和雑貨を数多く取りそろえました。日本のお土産品としても海外で人気です!
カテゴリー
和を使う
手ぬぐい
Tenugui hand towel

風呂敷
Furoshiki
wrapping cloth

木製漆器
Wooden Lacquer


和で生活を彩る
和紙の照明
Japanese paper illumination

和風照明ベストセレクト
Japanese-style cloth light

和紙インテリア
Japanese paper interior

特選高岡銅器コレクション
Takaoka copperware


信楽焼セレクション
Shigaraki pottery Slection


書・表具・掛け軸・額装
Sho

石彫刻
Stone Carving


和を身につける
銀細工
Silverware

北斎/銀アクセサリー
HOKUSAI Silver Accessory

江戸木札
Edo wood tag


和を愛でる
竹久夢二
Yumeji Takehisa

祝い額
Fortune frame

江戸木目込人形
Edo kimekomi doll

型染版画
Dyeing by Stencil

型染版画伊藤紘版画集
Katazome hanga book


東京手描友禅 染額
Yu-zen dyeing

眞葛香山写真集
Kozan Makuzu collection of photographs

籔内佐斗司
Sculpture


和で遊ぶ
孫徳かるた
Sontoku Karuta


その他の和
日本のお土産・記念品
Japanese Souvenir

遊び心。
ウィットとユーモア
和楽多屋
「和楽多屋サイト」は
リンクフリーです。
スタッフが綴る
和楽多屋日記
当サイト運営会社の紹介
株式会社ゼロ
貴社の便利な制作室。
当サイトを運営する
(株)ゼロのHPです。
現代彫刻の鬼才、籔内佐斗司 ブロンズ小品紹介



その作品は、古典技法をもとにした独自の彫刻技法を駆使し、不思議な魅惑に充ちている。あどけない童子、そしてユニークな動物やオブジェなど、圧倒的な存在感で、一度好きになればその世界を隅から隅まで堪能せざるを得ない力に満ちている。
籔内佐斗司ブロンズ




「丑吉(うしきち)」 136,500円
福を願い、愛らしく、堂々とした姿です。
詳細は拡大してご覧下さい。

500体の限定品です。



詳細は >>
こちらから
「伐折羅童子(ばさらどうじ)」 630,000円
伐折羅童子(ばさらどうじ)とは勢至菩薩(せいしぼさつ)を本地とする丑の刻の守護神で、七億の夜叉をひきつれ、仏法を守護するという夜叉王です。

50体の限定品です。

詳細は >>
こちらから

[文鎮シリーズ]



籔内作品にはさまざまな種類があり、入手困難な作品が多いのですが、こちらには比較的お求めやすい価格の小品をご用意しました。とはいえ、もちろん籔内作品としての価値は他の作品と同じ。まずは入門編としていかがでしょうか。




■ブロンズ小品紹介  ●詳細は画像をクリックしてご確認ください。

「たま」 各36,750円/43,050円(金箔仕上げ)


「カエル」(金)43,050円


「カエル」(緑)36,750円

「福丸」(金)46,200円

「福丸」(茶)39,900円

「太陽鎮」 74,550円
ユーモアたっぷりの
表情が愛らしい。
「悟空鎮」 52,500円
「威勢えび」 126,000円
「ぶんちん坊」 105,000円
森羅万象を刻む
鬼才・籔内佐斗司

「らぶ」 
36,750円
43,050円(金箔仕上げ)


卓越した技能に
ユニークな発想が
ファンを魅了して
やまない。

[小鹿坊(ころくぼう)]

「平成の童子」「せんと」に続く作品として、平成遷都1300年祭公認アートワークの最新作「小鹿防(ころくぼう)」です。

愛らしい表情とユニークなフォルムはまさに、籔内作品の真骨頂。

1300体の限定品です。


ご注文は >>
こちらから






※平成遷都1300年祭公式サイト 「小鹿坊(ころくぼう)」 63,000円

[笑門来福 招福翁(しょうもんらいふく しょうふくおう)]

「笑う門には福来たる」─よく知られたこの俚諺のとおり、笑顔で暮らすことの大切さは計り知れないもので、想い以上の幸福を己と周囲にもたらすこともしばしばです。
顔いっぱいに笑みをたたえた翁面も、長寿、円満、たくさんの福を、かならずやもたらしてくれることでしょう。


ご注文は >>こちらから






「笑門来福 招福翁」 378,000円

籔内佐斗司ファンの皆様へ
『和楽多屋』で販売させていただいている作品は、籔内作品のほんの一部に過ぎません。これらの作品は、もちろん氏の魅力を十分伝えるものですが、これをきっかけに、もっと籔内作品について知りたいと思われる方もいらっしゃることでしょう。
以下のサイトは、籔内氏の全作品、そして新作の紹介、展覧会の案内、工房の近況などがアップされています。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
こちらから>>

dummy dummy dummy