土屋誠一プロフィール


土屋誠一(つちや せいいち)

イタリア フィレンツェ 「地蔵展・地蔵讃歌」2008.04

●プロフィール
昭和25年
静岡県金谷町に生まれる
平成 元年 サンドブラストでガラス彫刻をはじめる
   4年 独立し、初の個展(ガラス工芸展)を島田市にて開く
   5年 友人から表札i依頼をきっかけに、独自のスタイルでタイル彫刻をてがける
   6年 地元(金谷町)の志戸呂焼を用いて、タイル彫刻を発展させた陶板彫刻に挑む
      静岡オリジナルクラフト展で静岡市文化団体連合会長賞受賞
   7年 静岡オリジナルクラフト展入選
   8年 国民文化祭(富山市)工芸部門入選
   9年 静岡県工芸展入選、静岡オリジナルクラフト展入賞
  10年 しずおかの顔100人(朝日新聞社静岡支局編)に選出記載される
      地元の古い公民館(金谷町菊川)を借り受け仕事場にする
  11年 仕事場に「ぎゃらりー誠一庵」をオープンさせる
  12年 駿府匠宿(静岡市)サンドプラスト体験工房の
      インストラクター指導等に協力、7月よりカルチャー講師となる
   13年 日本ブラストアート協会(JABA)設立発起人となり現在静岡支部長、理事
   14年 自然の石ころを手彫りした石地蔵、石人形、ふくろうなどの彫刻作品を発表
   16年 デニム生地にサンドブラストを施したデニムブラストアート作品を発表

●石彫展/略歴
平成 15年09月 浮月楼(静岡市)
   16年11月 灸まんギャラリー(善通寺市)
   19年05月 静銀ギャラリー四季(島田市)
     11月 ギャラリー土泥棒(焼津市)
   20年04月 フィレンツェ「地蔵讃歌」(イタリア)
     06月 加茂荘(掛川市)

●現在の活動
東京・池袋西武百貨店スタジオ5(94)ギャラリー新宿高野(96)など年間4〜5回の個展を精力的にこなす。大きなインテリアガラスからグラス、鏡、タイル、陶板、石ころ、木、レンガ、瓦、など材料、大きさを選ばず柔軟な発想で公共事業から作品まで、広範囲に製作している。また、サンドブラストの面白さを広く普及させるため、工芸用小型サンドブラスト機を専門メーカーと共同開発すると共に、テキストも編集しアート教室の展開を進めている。平成14年頃より手彫りによる石の彫刻も手掛ける。

ふくろうおじさんのホームページ
http://owl-dream.com



閉じる