※型染版画は、江戸小紋や紅型など日本の伝統的な着物や布地の染め技法を応用したものであり、型紙(伊勢型紙)を布ではなく和紙に置き、その上から絵の具を刷り込んで染めていくもの。普通の木版画は圧力と水分で紙の中に絵の具を染み込ませていきますが、型染版画は絵の具を和紙にのせる形となりますから、鮮やかな発色になります。 >>もっと知りたい