純銀製 キンメフクロウ

古来より縁起のよい鳥として知られるフクロウ。闇夜でも目が利くので魔よけの意味があったり、「フクロウ(不苦労)」とも呼ばれ、縁起物とされてきました。また、実際のフクロウもネズミを捕まえたり、害虫を食べたりする益鳥なのです。

そんなフクロウを、江戸時代の鎚起工芸の純粋な血統を受け継ぐ「銀工房 こじま」の二代目小島重信氏が純銀製の作品に仕上げました。重厚感のある銀の輝き、くちばしと眼の縁には金メッキを施し(モデルとなったキンメフクロウもくちばしと眼の虹彩は黄褐色です)、お部屋のインテリアとして最適です。

作品は純銀である「シルバー999」を使用、表面の表情を際だたせるために「古美(ふるび)」仕上げをしています。また金色の部分には金メッキを施してあります。金型による成形ですが、仕上げはすべてハンドメイドのため、まったく同じというものはありません。
壁掛けにもできるよう、フックも付いています。
画像をクリックするとアップでご覧になれます。 特注の受注生産で純金製も承れます。
お気軽にお問い合わせください。>>こちらから

純銀製 キンメフクロウ
(商品番号 GZ-009)サイズ(額部分)約172×129mm 価格15,000円
表示価格は税込・送料込価格です。
数量 :


戻る