銀製 瓢箪のかんざし

 江戸より、瓢箪は縁起の良い物とされ親しまれてまいりました。
 その瓢箪を「透かし」という技法で表現。縁起の良い 瓢箪に仕上げました。
 夏は浴衣にお気軽に
身に付けてください。
瓢箪は、オールシーズン
身につけられます。
老若問わず小粋です。
<瓢箪の縁起について>

古来より縁起の良いものとされています。
三つ揃えば三拍(瓢)子揃って縁起が良い。六つ揃えば無病(六瓢)息災。
「瓢箪かた駒が出る」と言うことわざがあるように、六瓢は六つの吉運を呼ぶ神秘の開運霊力があると云われています。瓢箪といえば豊臣秀吉の千成瓢箪が有名です。

その瓢箪をモチーフにし、「すかし」という技法を用い縁起の良いかんざしに仕上げました。

また、かんざし部分は、地金から丹念に削り出したものでございます。なるべく火を入れずに、削り出しておりますのでなまされておらず、銀の硬さを維持し曲がりにくい逸品に仕上がっております。

信重の作業風景の一部 すかし
金さし 炭磨ぎ

裏には
銀製
こじま
の刻印が入っております。

桐箱サイズ:167×51(mm)
かんざしサイズ:145×30(mm)

仕上げ:すかし/一部金さし/荒らし
素材:全てシルバー970
箱:桐製

*製品表面に塗装はしておりません。
たまに磨いてください。
使い込む程にいい色になってまいります。
銀製 瓢箪のかんざし
(商品番号 GZ-010)価格16,590円
表示価格は税込・送料込価格です。
※在庫がない場合、納品までに1ヵ月程度かかる場合がございます。
数量 :

戻る