●お知らせ●
リニューアルに伴い和の情報が充実しました。
新情報はこちらから





 展覧会のご案内
毎週更新


気品、暖かみ、潤い、奥深さなど良いものはいつ見ても新鮮で心をリフレッシュしてくれます。

館名
展覧会/展示内容
会期/休館日
入館料
最寄り駅
URL/問い合わせ
江戸東京博物館 いけばな〜歴史を彩る日本の美〜
池坊による古典の立花をご覧いただけます。
12〜1/17
月曜日
600円 両国 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/index.html
03-3626-9974
太田記念美術館 江戸の彩 -珠玉の浮世絵コレクション-
数年に一度しか見られない珠玉の名品が勢ぞろいする本展覧会を通じ、あらためて浮世絵や江戸文化の魅力に触れてみてください。
1/3〜2/24
月曜日(祝日の場合は翌日)
700円 原宿 http://www.ukiyoe-ota-
muse.jp/
03-5777-8600
松岡美術館 吉祥のうつわ展
1/5〜4/24
月曜日(祝日の場合は翌日)
800円 白金台 http://www.matsuoka-museum.jp/
03-5777-8600
出光美術館 麗しのうつわ―日本やきもの名品選―
日本陶磁の名品を一堂に展示し、やきものに託されたさまざまな美の姿を通して“麗(うるわ)しさ”とは何かをさぐります。
1/9〜3/22
月曜日(祝日の場合は翌日)
1000円 有楽町 http://www.idemitsu.co.jp/museum/
03-5777-8600
パナソニック電工汐留ミュージアム 木田安彦の世界 木版画[西国三十三所]/ガラス絵[日本の名刹]

ひたすら我が道を行く木田作品の真髄をぜひご堪能ください。
1/16〜3/22
月曜日(祝日の場合は翌日)
700円 新橋 http://www.mew.co.jp/corp/museum/
03-5777-8600
山種美術館 没後10年記念東山魁と昭和の日本画
2009年は「昭和の国民画家」と称された(ひがしやまかいい)の没後10年にあたります。この節目の年に、当館の所蔵品によりその画業を振り返るとともに、昭和の日本画壇において活躍した画家たちを紹介する展覧会を開催しています。
12/5〜1/31
月曜日(祝日は開館、翌日火曜日は休館)
1200円 九段下
※10/1渋谷区広尾に移転予定
http://www.yamatane-museum.or.jp/
03-3239-5911
東京国立博物館 東博で満喫 にっぽんのお正月
毎年恒例の干支にちなんだ新春特別展示や吉祥図を集めた中国書画の特集ほか、国宝 元暦校本万葉集、国宝 秋冬山水図など、日本美術の名品をお楽しみください。
1/2〜1/31
月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
1300円 上野 http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00
03-5777-8600
礫川(こいしかわ)浮世絵美術館 歌川国芳展(化政期)
11/1〜12/25
月曜日、26日〜月末
500円 後楽園/
春日
http://homepage2.nifty.com/3bijin/
03-3812-7312
三井記念美術館 江戸の粋・明治の技柴田是真の漆 × 絵
是真の洒脱なデザインと卓越した技巧は、現在では日本よりも欧米で高く評価されています。米国テキサス在住のエドソン夫妻が収集した作品約70点が初めて里帰りする本展では、これらに日本国内の優品を加え、是真芸術の魅力を紹介します。
12/5〜2/7
月曜日(ただし、7/20(月・祝)は開館、21日(火)は休館)

1200円 三越前/日本橋 http://www.mitsui-museum.jp/
03-5777-8600
日本民藝館 12/21〜1/5まで休館中 1000円 駒場東大前 http://www.mingeikan.or.jp/
03-3467-4527
森美術館 医学と芸術展 生命(いのち)と愛の未来を探る
「科学(医学)と芸術が出会う場所としての身体」をテーマに、ウエルカム財団(英国)の協力を得て、そのコレクションなどを展示。
11/28〜2/28
会期中無休
1500円 六本木 http://www.mori.art.museum/jp/
03-5777-8600
静嘉堂文庫美術館 休館中 800円 二子玉川 http://www.seikado.or.jp/
03-3700-0007
板橋区立美術館 ドゥシャン・カーライの超絶絵本とブラティスラヴァの作家たち
東欧の絵本作家ドゥシャン・カーライの絵本原画やアニメーション映像などを紹介。
11/21〜1/11
月曜日(休日の時はその翌日)
600円 成増 http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/
03-3979-3251
松濤美術館 没後90年 村山槐多(むらやまかいた) ガランスの悦楽
22歳で逝った夭折の天才画家・村山槐多(1896年〜1919年)の油彩、水彩、デッサン、詩歌原稿、書簡など約150点を回顧。
12/1〜12/27
1/5〜1/24

月曜日(休日の時はその翌日)
300円 渋谷・神泉 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/museum/
03-3465-9421
サントリー美術館 清方/Kiyokata ノスタルジア―名品でたどる 鏑木清方の美の世界―
清方にとってのノスタルジア―古きよきものへの愛着―に焦点をあて、名品の数々とともに清方芸術の魅力を探ります
11/18日〜1/11
火曜日・1/1
1300円 六本木 http://www.suntory.co.jp/sma/jp/
03-3479-8600
国立新美術館 未来を担う美術家たち
DOMANI・明日展2009
「DOMANI・明日展」は、文化庁の在外研修制度(新進芸術家海外研修制度)により、海外派遣された若手芸術家の成果発表の場として美術部門の様々なジャンルより12名の実力作家を選出し、現代日本の美術の一断面を切り取って紹介するものです。
12/12〜1/24
火曜日(祝日の場合は開館とし、翌日休館)
1000円 乃木坂 http://www.nact.jp/
03-5777-8600
畠山美術館 秋懐石のうつわ-向付と鉢を中心に-
即翁の懐石コレクションから質の高さを誇る向付と鉢を中心に懐石のう つわの魅力に迫ります。
1/23〜3/22
月曜
500円 高輪台 http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/
03-3447-5787
東京藝術大学大学美術館 絹谷幸二 生命の軌跡 ars vita esta・vita ars esta
「異界」を創造行為が発生する場をさす概念と定義し、表現が生まれる媒介となる「風景」を提起する試み。
1/5〜1/19
月曜
1000円 根津 http://www.geidai.ac.jp/museum/
03-5777-8600
東京国立近代美術館
工芸館
開館30周年記念展 II 
工芸の力―21世紀の展望

12/14〜2/17
月曜
500円 竹橋 http://www.momat.go.jp/CG/30th_II/index.html
03-5777-8600
大倉集古館 新春を仰ぐ - 大倉コレクション
能面・能装束展

1/2〜3/14
月曜(休日の場合は開館)
800円 六本木一丁目 http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/shukokan/
03-3583-0781

dummy dummy dummy